西立川の整骨院・整体・マッサージ・鍼・灸、ハハナ整骨院

西立川の整骨院・整体・マッサージ・鍼・灸、ハハナ整骨院

03-3533-4545

インターネットからのお問い合わせ

マップ
西立川駅徒歩2分
東中神駅徒歩7分
〒196-0033
東京都昭島市東町1丁目16-7
042-548-4187
ご質問・相談フォーム
患者様の喜びの声
ハハナ整骨院ブログ
治療家紹介

治療項目リスト

頭痛(筋緊張性)について

肩こりや首のコリによって頭痛を引き起こします。頭痛の6から7割がこのタイプだと言われております。最近ではスマートフォンの見過ぎやパソコン等のディスクワークによっておこることが多いです。

治療point!!
首の筋肉、肩の筋肉を柔らかくすることが大事です。マッサージや鍼灸が効果的です。また姿勢が悪いと首コリの原因を作ってしまいますので正しい姿勢をキープすることが大事です。

頸椎ヘルニアについて

頸椎は7つあり主に頸椎の5,6,7番、胸椎の1番の間で起こります。症状としましては手に痺れがでたり肩甲骨の間に痛みまたは痺れが現れます。

治療point!!
何番でヘルニアが起きているのか鑑別診断することが大事です。手に痺れがあるにしても親指や小指ではどこでヘルニアが起きているのかが違います。また姿勢によっても引き起こされますので正しい姿勢でいることを心がけましょう。

いわゆる四十肩について

いわゆる四十肩は40代または50代に多いために四十肩と言われることが多い。正確には肩関節周囲炎といいます。主に肩関節の中に石灰が沈着して起こります。カルシウムの沈着が石灰化して痛みを起こしますが主な原因は使いすぎなのか?使わなさすぎなのか?不明です。

治療point!!
主に疼痛期と拘縮期の2つの期に分かれます。疼痛期は夜間痛みがあったり(夜間痛)、肩を動かす時に激痛になります。拘縮期は肩が動かないことです。結帯(帯を結ぶ動作)、結髪(髪を結ぶ動作)でどの関節の部位が痛んでいるかチャックし治療を進めていきます。肩は上腕骨、肩甲骨、鎖骨が大きく作用し腕を挙げます。これから周りについている筋肉を緩めながら鍛えることがとても大切になります。ですが疼痛期に動かしすぎると炎症が強くなってしまうので十分に注意しながらリハビリをしていくことが大事です。

脊柱管狭窄症について

加齢などにより脊柱管が狭窄しておこります。
狭窄により坐骨神経を圧迫して、下肢にしびれを起こし、歩行中に痛みで歩けなくなることがあります。

治療Point!!
治療としては脊柱管の狭窄をどのように取り除くかがポイントになる。一般的には前傾姿勢により痛みが軽減するため骨盤の矯正をおこない正しい姿勢をキープできるようにいたします。また緊張している骨盤周りの筋肉をほぐし、弱っている筋肉を鍛えていきます。

椎間板ヘルニアについて

日常での酷使などにより腰の椎間板が神経を圧迫しておこります。
腰を前屈した際に痛みがおき、下肢にしびれをおこし、感覚が鈍くなることがあります。

治療point!!
椎間板ヘルニアでは腰の前屈時に痛みが増す傾向にあるので前屈姿勢を避け、腰を後屈させるストレッチなどが効果的です。また腰にはお尻周りの筋肉の柔軟性も大事になってくるのでお尻の筋肉のマッサージとストレッチもおこないます。

坐骨神経痛について

坐骨神経痛は脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、分離・すべり症によっておこる症状です。
それらの腰痛により坐骨神経を圧迫することにより坐骨神経痛がおこります。
主にお尻や腿裏、足先にしびれや違和感を感じ起き上がり時や長時間座っている姿勢によりおきます。

治療point!!
椎間板ヘルニアでは足を伸ばした姿勢により坐骨神経痛が強くなる傾向がります。
また脊柱管狭窄症では歩行時などにより痛みが強くなる傾向があり途中痛みで歩けなくなることがあります。
当院ではどの動作で坐骨神経痛の痛みが強くなるかを検査し、痛みが軽減する方向にもっていきます。
その際は運動療法も取り入れて、骨盤矯正、筋力強化、正しい姿勢の教育をおこないます。

腰椎圧迫骨折について

主に腰椎の2番で起こります。原因としては骨粗鬆症により骨がもろくなり、くしゃみ等の刺激により骨がつぶれたようになります。

治療point!!
根本的な治療が求められます。骨粗鬆症を改善することが大事だと考えます。お医者さんで薬を出してもらうことも大事ですし、日頃の食事や運動、日光に当たるなどのケアが大事です。

腰痛について

腰痛には様々な種類があります。脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、分離すべり症、椎間関節症、筋筋膜性、仙腸関節症、圧迫骨折、内臓性由来、ストレスなどが考えられます。

治療point!!
どの腰痛に属しているのか鑑別診断が大切です。内臓性由来の腰痛が脊柱管狭窄症とヘルニアと同じ治療では治らないからです。当院では問診表から始まり、問診、検査をして整形外科などによりレントゲン、MRIをして適切な治療法を提案していきます。

変形性膝関節症について

変形性膝関節症は高齢の方にとても多くみられます。その原因として膝の中にある半月板という軟骨がすり減って神経に当たり痛みが生じます。半月板のどこに摩耗があるかにより膝を曲げる時伸ばす時に痛みがおうじ膝の裏にも痛みが出る場合もあります。

治療point!!
半月板自体に血管が乏しくなかなか症状が良くならない人が多く、日本人的な生活?畳の上での生活、お花やお茶などの正座姿勢は必須になるためぜひとも改善したい関節です。大腿四頭筋、ハムストリングスの固さや関節内部の環境を改善することが必要です。

オスグッド(成長痛)について

成長期にひざが痛くなるのがオスグッド(成長痛)です。スポーツをしている子が多く、あまり痛いとスポーツをお休みしたり、体育の時間をお休みしたりします。骨の成長と筋肉の成長の違いや、急激に身長が伸びすぎてしまい膝皿の下がボコッとでてきてそこが痛みます。

治療point!!
膝の前の筋肉大腿四頭筋を伸ばすことが大事になります。

腱鞘炎について

腱鞘という腱を包んでいる軟部組織が炎症を起こし痛みを起こします。

治療point!!
フライパンなど重い物を持った際に痛みがある人が多く日常動作で痛みが出ることが多いのでなるべく使わないようにすることが大事です。

ばね指について

手を使う職業や主婦に多く母趾に好発します。指を曲げたり伸ばしたりした際にひっかかりが起きる。(ロッキング現象)

治療point!!
慢性的な炎症(使い過ぎ)により起こるのでなるべく使わないようにして腱や筋肉を緩めることが大事です。

リウマチについて

自己免疫疾患で誤って自分の正常な細胞を攻撃してしまう疾患です。30-50歳の女性に多いですが、どの年代でもなり得る可能性がります。関節のこわばりや痛みが起こりますが、主に朝のこわばりや関節腫脹、熱感、疼痛が起きひとつの関節だけでなく手首や手指におこります。

治療point!!
病院にて血液検査と画像検査をおこないリウマチかどうか判断します。お薬によりこわばりや痛みが緩和されます。当院ではこわばりや痛みではお灸をお勧めし、症状の改善をねらっていきます。

交通事故治療

痛みをガマンせずにまずはご連絡ください!
事故で怪我をしてしまったときは迅速で的確な治療と処置を行うことが非常に大切です。当接骨院は、たくさんの交通事故治療の症例と豊富な経験がございます。あなたの症状をしっかり治療することができます。 ※詳しくは交通事故治療ページをご確認ください。

骨盤矯正

痛くなく優しい骨盤矯正です。

(例)
・写真を撮るといつも右肩が下がっている。
・歩行中歩きにくい
・肩痛、腰痛がなかなか取れない
・足の長さに左右差がある  など

骨盤が歪んでいると背骨などの歪みにも繋がり、肩痛や腰痛の原因にもなります。
また骨盤の歪みは生活習慣が大きく関わってきます。普段同一姿勢での作業が多い方や座っている時によく脚を組む方などは、知らない間に骨盤が歪んでしまいます。

当院ではアクチベーターという器具使い、関節に刺激を入れ矯正していきます。骨盤矯正と聞くと「ボキッと音がしそう」「痛そう」など、不安になる方が多いと思いますが、アクチベーターでは少し音はしますがほとんど痛みもなく矯正できます。

※1100円(税込) 10分前後で終わります。

足首捻挫

足首を捻った!歩くと痛い!
サッカーなどのスポーツで足首を捻った。散歩の際に捻ってしまったなど。
放置しておくと長引き後々大変なことになるのが足首の捻挫です。
当院では電気、手技により早く捻挫を回復させます。

スポーツ時の怪我

ゴルフやテニスでの肘の痛み(テニス肘、ゴルフ肘)ランナーの方の肉離れ(筋挫傷)、走りすぎによる足の痛み(シンスプリント)、コンタクトスポーツの接触時の痛み(肩痛、膝痛)など。スポーツでのどんな悩みでもご相談ください。